このページの本文へ移動

ささえあいブログ

2018年06月20日

あだちガイドヘルパーの会  みんなで体験、アイマスク!

舎人公園で防災フェスタ!

大規模災害の活動拠点として、位置づけられている舎人公園にて「防災フェスタ2018」が開催されました。当日は子どもや高齢者、障がい者など「災害時に配慮が必要な方への支援」をテーマにした20カ所のブースが設けられました。

東京都公園協会から足立区総合ボランティアセンターに「障がい者に関係するブースの運営をしてくれる団体を紹介して欲しい」と依頼が入り、「あだちガイドヘルパーの会」が体験ブースの一角を担うことになりました。

当日は、春の日差しがいっぱいの中で家族連れや友人同士など、多くの方が来園され、思い思いに様々なブースを訪れていました。

180620adatigaidoherupa-nokai.jpg

アイマスク体験で障がい者理解を!

「あだちガイドヘルパーの会」が担当したブースでは、視覚障がい者への理解を深めることを目的に「アイマスク体験」を行いました。

ブースには来場者が途切れることなく訪れ、子どもから高齢者まで約250人の幅広い年齢層の方に体験してもらうことができました。「『あっち』や『そっち』ではなく、具体的に声かけしてほしい」「少しの段差でも怖かった」などの感想が聞かれました。

あだちガイドヘルパーの会の小林会長は「健常者であっても、災害時には平常心を失う。障がい者はそれがより顕著になる」と話していました。「今後もより多くの人に視覚障がい者のことを理解してもらえるように頑張っていきたい」という強い思いが伝わってきました。

※「アイマスク体験」…アイマスクと白杖を使った目が不自由な方の疑似体験

180620adatigaidoherupa-nokai2.jpg

PDF版はこちらです(PDFicon_pdf.gif/220KB)


知りたい情報を探す

  • 分野別

    高齢者に関すること / 障がい者に関すること / こどもに関すること / 福祉関係団体、事業者に関すること / 地域活動、ボランティアに関すること / お金に関すること

  • 目的別

    ボランティアをしたい / 福祉の仕事がしたい / 研修・講座を受けたい / 困りごとを相談したい / 地域活動をしたい、知りたい

  • 組織別

    総務課 / 生活支援課 / 保護雇用担当課 / 総合ボランティアセンター / 地域福祉推進課 / あいあいサービスセンター / 社協ヘルパーステーション / 基幹地域包括支援センター / 地域包括支援センター関原 / 認定調査課 / 権利擁護センターあだち


当サイトご利用にあたって個人情報保護に関する方針

Copyright© Adachi Council of Social Welfare. All Rights Reserved,