このページの本文へ移動

ささえあいブログ

2018年08月18日

ふれあいサロン “笑楽絆サロン” 「地域の誰でも立ち寄れる場」を目指して

どなたでもいらっしゃい

自宅を開放し、今年4月にふれあいサロンの仲間入りをした「笑楽絆(しょうらくきずな)サロン」です。

代表の鈴木さん夫妻は、人とのつながりを大切にし、地域の人がいつでも誰でも自宅に立ち寄ってお茶を飲める場にしたいと、独居で外出が難しい方や自宅前を通りすがる方を「お茶」に誘っていました。そんな鈴木さん夫妻の人柄と、地域包括支援センター本木関原 佐野職員の「関原地域に交流の場を作りたい」という地域への熱い思いがつながりました。「楽しく笑って」と「絆」をつなげて笑楽絆サロン。毎月第4木曜日に開催中です。

 180817syourakukizunasaronn.jpg

三味線の音に誘われて

サロン開催日、自宅前を通ると「NHKのど自慢大会」の番組を思わせるような音色が聞こえてきます。本格的な三味線、尺八の音に合わせて参加者の皆さんが民謡を歌っているのです。民謡を歌うと、その地にまつわる話題が飛び交う事も。「三味線は歌う人の声に音を合わせるもの。天気によっても音が変わる」と話す鈴木代表は、一曲歌うごとに音合わせをします。参加者の皆さんは、おいしいお茶を飲みながら歌ったりおしゃべりして、和やかな交流を楽しんでいます。

180817syourakukizunasaronn2.jpg

PDF版はこちらです(PDFicon_pdf.gif/258KB)


知りたい情報を探す

  • 分野別

    高齢者に関すること / 障がい者に関すること / こどもに関すること / 福祉関係団体、事業者に関すること / 地域活動、ボランティアに関すること / お金に関すること

  • 目的別

    ボランティアをしたい / 福祉の仕事がしたい / 研修・講座を受けたい / 困りごとを相談したい / 地域活動をしたい、知りたい

  • 組織別

    総務課 / 生活支援課 / 保護雇用担当課 / 総合ボランティアセンター / 地域福祉推進課 / あいあいサービスセンター / 社協ヘルパーステーション / 基幹地域包括支援センター / 地域包括支援センター関原 / 認定調査課 / 権利擁護センターあだち


当サイトご利用にあたって個人情報保護に関する方針

Copyright© Adachi Council of Social Welfare. All Rights Reserved,