このページの本文へ移動

ささえあいブログ

2018年03月14日

ボランティアグループ “ひまわり介護会”  地域の中で住民のための健康づくりを

活動を続けて22年

ボランティアグループ“ひまわり介護会(※)”が協力している「さくら会」を訪問しました。さくら会は、月に2回、五反野コミュニティセンターで介護予防を目的とした活動をしています。一人暮らしで閉じこもりがちの高齢者を対象に、体操や歌、手芸、健康に関する話し合い、地域の保育園児とのふれあいなど内容を考えて実施し、22年間活動を続けています。現在、さくら会のメンバーは16名、最高齢は94歳の女性です。

180314_himawarikaigokai.jpg

活動を通してできたつながりの輪

さくら会は“みんなの体操”からスタート。その時々のメニューで活動、おしゃべりを楽しんだ後、ボランティアグループが作っているお弁当を皆で食べます。西綾瀬ボランティアセンターよりお弁当を届けているのは、ひまわり介護会のメンバーのご主人です。参加者からは、「1人で食べるより、皆で食べる方がおいしい」などの声が聞かれました。

取材当日は、年内最後の会ということで参加者一人ひとりから一年間の感想を発表。「色々な活動を考えてくれてありがたい。毎回楽しみにしている」「顔なじみの皆さんと会うことで元気がもらえる」といったお話がありました。最後は、ひまわり介護会の方からの、「病気になっても病人になるなという言葉がある。ここに来ることがリハビリですよ」「みんなの笑顔が見られることが嬉しい」といった温かい言葉で締めくくられました。

※ひまわり介護会:区の保健師の「地域の健康づくりは住民主体で行うもの」という言葉をきっかけに発足し、27年間、地域の健康づくりに関する活動を続けている。また、さくら会以外にも、様々な活動を行っている。

180314_himawarikaigokai2.jpg

PDF版はこちらです(PDFicon_pdf.gif/266KB)


知りたい情報を探す

  • 分野別

    高齢者に関すること / 障がい者に関すること / こどもに関すること / 福祉関係団体、事業者に関すること / 地域活動、ボランティアに関すること / お金に関すること

  • 目的別

    ボランティアをしたい / 福祉の仕事がしたい / 研修・講座を受けたい / 困りごとを相談したい / 地域活動をしたい、知りたい

  • 組織別

    総務課 / 生活支援課 / 保護雇用担当課 / 総合ボランティアセンター / 地域福祉推進課 / あいあいサービスセンター / 社協ヘルパーステーション / 基幹地域包括支援センター / 地域包括支援センター関原 / 認定調査課 / 権利擁護センターあだち


当サイトご利用にあたって個人情報保護に関する方針

Copyright© Adachi Council of Social Welfare. All Rights Reserved,