このページの本文へ移動

ささえあいブログ

2018年01月19日

六木四丁目町会 サロンを通して見えた課題から新たな展開へ

男性も参加しやすい活動は?

「動かないと始まらない、まずはやってみよう」とサロンを始めた六木四丁目町会の皆さん。「お互いの家を行き合うのは負担が大きいけれど、どこかでお茶をしようと言ってもなかなか実現しない。場所があって日時が決まっていると集まりやすいと思います」と話すのは相楽澄子会長。おしゃべりを楽しんだり、あだち・らくらく体操のDVDを見ながら体操や脳トレをし、楽しいひと時を過ごしています。

サロンの開催を続ける中で課題も見えてきました。おしゃべり中心のサロンでは参加者のほとんどが女性。男性も参加できることはないだろうかと考え、9月から週3回、町会内の広場でグラウンドゴルフを始めました。誰もが参加しやすいよう、必要な道具をリサイクルショップで揃える工夫もしています。こうしたアイデアが功を奏し、男性の参加もあり、回を重ねるごとに参加者が増え、和気あいあいと楽しんでいます。

180119mutugi4tyoumetyoukai.jpg

皆で作る活動は愛着が生まれます

より良い活動に、より多くの人が参加しやすいようにと、参加者の意見を取り入れています。集まった人からなんとなく始めると、仲良しグループのチームになりがち。「くじ引きでチーム分けを決めたらどうか」という意見を取り入れ、色々な人が顔見知りになれるようにしています。また、プレー前にはラジオ体操をすることで一体感も出るようになりました。

準備や後片付けは参加者中心に行い、町会役員が不在でも皆さんで協力し合って活動しています。点数計算は脳トレにもなります。頭も身体も動かし、一石二鳥、介護予防にも効果的です。活動の工夫は参考になることがたくさんありました。

180119mutugi4tyoumetyoukai2.jpg

PDF版はこちらです(PDFicon_pdf.gif/228KB)


知りたい情報を探す

  • 分野別

    高齢者に関すること / 障がい者に関すること / こどもに関すること / 福祉関係団体、事業者に関すること / 地域活動、ボランティアに関すること / お金に関すること

  • 目的別

    ボランティアをしたい / 福祉の仕事がしたい / 研修・講座を受けたい / 困りごとを相談したい / 地域活動をしたい、知りたい

  • 組織別

    総務課 / 生活支援課 / 保護雇用担当課 / 総合ボランティアセンター / 地域福祉推進課 / あいあいサービスセンター / 社協ヘルパーステーション / 基幹地域包括支援センター / 地域包括支援センター関原 / 認定調査課 / 権利擁護センターあだち


当サイトご利用にあたって個人情報保護に関する方針

Copyright© Adachi Council of Social Welfare. All Rights Reserved,