このページの本文へ移動

ささえあいブログ

2017年06月30日

心豊かに暮らせる地域を作ることを目指して

今年で22回目を迎える福祉まつり「ハート&ハート」

日頃からセンターを活動拠点にしているサークルの他、近隣の福祉施設や企業、地元中学校等、多くの団体の参加・協力で行われる「ハート&ハート」。会場内には様々な体験コーナーがあり、来場者でにぎわっています。車いす体験コーナーを担当したのは、「あだち福祉体験サポーターゆるき♡♡♡」と地元中学校のボランティア部の生徒の皆さん。事前にゆるきの皆さんが講師となり、車いすの操作方法についてのレクチャーを行った成果もあり、生徒の皆さんの動きはばっちり。乗るだけでなく、押す体験を希望する方へも丁寧に操作方法の説明をしている様子が見られました。

170630kurumaisu.jpg

中学生ボランティアもおまつりを盛り上げます!

他のコーナーでも中学生ボランティアは大活躍。高齢者疑似体験コーナーを担当していたNPO法人 ぷらちなくらぶの方からは「ハート&ハートは中学生がたくさんボランティアで参加してくれるので助かります」というお話を伺いました。体験していた小学生も今回で3回目の体験とのことで、長きに渡り開催することで、地域に根づいていることを感じました。

170630kousaku.jpg

PDF版はこちらです(PDFicon_pdf.gif/298KB)


知りたい情報を探す

  • 分野別

    高齢者に関すること / 障がい者に関すること / こどもに関すること / 福祉関係団体、事業者に関すること / 地域活動、ボランティアに関すること / お金に関すること

  • 目的別

    ボランティアをしたい / 福祉の仕事がしたい / 研修・講座を受けたい / 困りごとを相談したい / 地域活動をしたい、知りたい

  • 組織別

    総務課 / 生活支援課 / 保護雇用担当課 / 総合ボランティアセンター / 地域福祉推進課 / あいあいサービスセンター / 社協ヘルパーステーション / 基幹地域包括支援センター / 地域包括支援センター関原 / 認定調査課 / 権利擁護センターあだち


当サイトご利用にあたって個人情報保護に関する方針

Copyright© Adachi Council of Social Welfare. All Rights Reserved,