このページの本文へ移動

ささえあいブログ

2017年10月13日

UR都市機構 大谷田一丁目団地 ふらりと立ち寄ってのんびり過ごせる地域の居場所

小さなお子さんからお年寄りまで誰でもほっとできる場

空き店舗を活用した、地域貢献の取り組みとしてオープンした「大谷田一丁目団地コミュニティサロン105」。高齢化が進む地域において、気軽に立ち寄れてお茶を飲んでほっとできる場所があれば良いのではという思いからできました。

オープン日は偶然にも七夕。サロン内には、近隣の保育園の園児や近所の方々の願い事が書かれた短冊が飾られ、華やかな雰囲気です。さらに、隣接する「ころつえシニア相談所」主催のラジオ体操を終えた高齢者の方が、休憩を兼ねてお茶を飲みおしゃべりする姿が見られます。食事の持ち込みも可能なため、近くのお店でお弁当を購入し、ランチ会を楽しむ高齢者の方の姿もあります。夕方には保育園帰りのお母さんと子どもたちが一息つく場面もあるそうです。

171013ooyatadanntikomyunitexisaronn.jpg

夏休み特別企画「寺子屋」

夏休みもまもなく終わる8月下旬。コミュニティサロンは特別企画「寺子屋」として小学生の居場所になっていました。この日は工作サロンが開かれ、段ボールを使って立体お面やステンドグラス風ネームプレートを作りました。ネームプレートを作った子は「次はお母さんの分も作る!」と張り切って取り組んでいました。

サロンは毎週金曜日、10時~17時にオープンしています。ひとりでも気軽に立ち寄れる憩いの場、ぜひお立ち寄りください。

171013ooyatadanntikomyunitexisaronn_2.jpg

PDF版はこちらです(PDFicon_pdf.gif/253KB)


知りたい情報を探す

  • 分野別

    高齢者に関すること / 障がい者に関すること / こどもに関すること / 福祉関係団体、事業者に関すること / 地域活動、ボランティアに関すること / お金に関すること

  • 目的別

    ボランティアをしたい / 福祉の仕事がしたい / 研修・講座を受けたい / 困りごとを相談したい / 地域活動をしたい、知りたい

  • 組織別

    総務課 / 生活支援課 / 保護雇用担当課 / 総合ボランティアセンター / 地域福祉推進課 / あいあいサービスセンター / 社協ヘルパーステーション / 基幹地域包括支援センター / 地域包括支援センター関原 / 認定調査課 / 権利擁護センターあだち


当サイトご利用にあたって個人情報保護に関する方針

Copyright© Adachi Council of Social Welfare. All Rights Reserved,