このページの本文へ移動

足立区徘徊高齢者捜索情報ネットワーク事業


足立区徘徊高齢者捜索情報ネットワーク事業とは?

地域で暮らす認知症の高齢者が徘徊したり、出かけて帰って来られなくなったりすることは、ご本人やご家族にとって大きな不安となります。

「徘徊高齢者捜索情報ネットワーク事業」とは、このような徘徊や行方不明が発生した場合に、地域のネットワークを活用して早期発見をめざすシステムです。

事業の内容

足立区在住の高齢者の徘徊や行方不明が発生した際、公的機関や介護事業者など「協力関係機関(※)」に電子メール等で捜索を依頼します。

※協力機関とは
区内地域包括支援センター・行政・足立区介護サービス事業者連絡協議会(地域を訪問しているケアマネジャーやホームヘルパーなど)、足立区社会福祉協議会など

事業の流れ

1 徘徊・行方不明が発生したら、担当のケアマネジャーまたは担当地域包括支援センター・区などに連絡をする。
2 連絡を受けた機関は、捜索届を作成し、基幹地域包括支援センターへメールまたはファックスなどで送信する。 ※ご家族等からの直接の届け出も受け付けます。
※ファックス・メールなどで送信する際は、あわせてお電話でのご連絡もお願いします。
3 基幹地域包括支援センターから協力機関へ捜索依頼情報をメールで送信する。
4 情報を受けた協力機関は、職員などに情報を機関内で周知し、各協力機関が訪問などの機会に捜索を行う。
5 徘徊・行方不明の高齢者を発見した場合は、発見時の連絡先及び基幹地域包括支援センターへ連絡する。
6 発見などにより捜索が終了した場合は、基幹地域包括支援センターより解除通知を送付する。

fig_haikai01.gif

※なお、この捜索依頼は警察への届出とは異なります。警察への届出もあわせて行って下さい。

要綱や捜索届についてはこちらをご覧ください。

知りたい情報を探す

  • 分野別

    高齢者に関すること / 障がい者に関すること / こどもに関すること / 福祉関係団体、事業者に関すること / 地域活動、ボランティアに関すること / お金に関すること

  • 目的別

    ボランティアをしたい / 福祉の仕事がしたい / 研修・講座を受けたい / 困りごとを相談したい / 地域活動をしたい、知りたい

  • 組織別

    総務課 / 生活支援課 / 保護雇用担当課 / 総合ボランティアセンター / 地域福祉推進課 / あいあいサービスセンター / 社協ヘルパーステーション / 基幹地域包括支援センター / 地域包括支援センター関原 / 認定調査課 / 権利擁護センターあだち


当サイトご利用にあたって個人情報保護に関する方針

Copyright© Adachi Council of Social Welfare. All Rights Reserved,