このページの本文へ移動

ふれあいサロンを始めるには

足立区社会福祉協議会では、ふれあいサロン立ち上げの支援を行っています。

ふれあいサロンの登録条件

ふれあいサロンを始めるには、以下の6つの登録条件を満たすことが必要です。

・自主的、自発的に活動すること

・登録メンバー(協力者)が3人以上であること

・開催回数が原則月1回以上であること

・政治的、宗教的活動を目的としないこと

・営利を目的としないこと

・参加希望者の制限を行わないこと

(ただし、会場が定員の場合は除く)

 

登録サロンへの助成

新規サロン立ち上げ時助成金

      最大 10,000円※飲食の消耗品には使用不可

会場使用料助成金

       1回1,500円、月3,000円を限度※有料の貸出施設のみ

サロン活動保険金

       サロン活動中にケガや物損などの事故が起きた場合、保険が適用されるよう
    サロン活動保険に加入しています。

       保険料は、足立区社会福祉協議会が負担しています。

 

その他にも、立ち上げ前から立ち上げ後まで、以下のことをお手伝いします。

立ち上げまでの支援

サロンのPRのチラシの作成や印刷を支援します。

活動場所が見つからない場合、可能な範囲で紹介します。

サロンを一緒に運営してくれる人を探している場合、可能な範囲で紹介します。

他のサロンの見学ご希望があれば、調整します。

立ち上げ時の支援

初回はプレ開催となるため、必ず担当職員が訪問します。

立ち上げ後の支援

定期的に、担当職員が状況を伺いにサロンを訪問します。

サロン通信で各サロンの紹介やその他情報をお届けします。

 

         その他、各サロンごとに抱えている困りごとなどに対して、ご相談にのります。

知りたい情報を探す

  • 分野別

    高齢者に関すること / 障がい者に関すること / こどもに関すること / 福祉関係団体、事業者に関すること / 地域活動、ボランティアに関すること / お金に関すること

  • 目的別

    ボランティアをしたい / 福祉の仕事がしたい / 研修・講座を受けたい / 困りごとを相談したい / 地域活動をしたい、知りたい

  • 組織別

    総務課 / 生活支援課 / 保護雇用担当課 / 総合ボランティアセンター / 地域福祉推進課 / あいあいサービスセンター / 社協ヘルパーステーション / 基幹地域包括支援センター / 地域包括支援センター関原 / 認定調査課 / 権利擁護センターあだち


当サイトご利用にあたって個人情報保護に関する方針

Copyright© Adachi Council of Social Welfare. All Rights Reserved,