このページの本文へ移動

寄附金控除について

社会福祉法人への寄附について。

所得税法上の優遇措置

個人=寄附金控除法人=法人税法上損金算入が出来ます。

個人

寄附をした個人は確定申告によって、次の限度内で所得税法上の寄附金控除が受けられます。

  1. 寄附金の額
  2. 総所得金額、退職所得金額、山林所得金額 の合計額の40%

「1.と2.のいずれか少ない方の金額」-「適用下限額(2千円)」=「控除額」

その年分の所得が200万円の人が30万円を社会福祉法人に寄附した場合、29万8千円の寄附金控除が受けられます。

法人

寄附をした法人は、確定申告によって次の限度内で法人税法上損金算入ができます。

一般損金算入限度額(法人税法第37条-2)

  1. 一般寄附金の損金算入限度額
    損金算入限度額={(資本金×2.5/1,000)+(当該事業年度の所得×2.5/100)}× 1/2 … (A)
  2. 社会福祉法人に対する寄附金損金算入限度額=上記(A)× 2

2.の社会福祉法人等に対する寄附金の特例については、下記の要件が必要となります。

  1. 確定申告書に社会福祉法人等に対する寄附金の額の記載及び明細書の添付があること
  2. 社会福祉法人等の主たる目的である業務に関連する寄附金であること
  3. 上記 b. である旨のその法人が証する書類(領収書等)を保存していること。

したがって、仮に資本金10億円、当該事業年度の所得3億円の1年決算の会社が、社会福祉法人のみに寄附した場合。a. 及び b. の限度額はそれぞれ500万円ですから、合計1,000万円までの寄附について損金算入をすることができます。なお、法人は必ず損金経理を実施してください。

地方税法上の優遇措置

足立区社会福祉協議会に対する寄附金は、個人都民税及び個人特別区民税の寄附金税額控除が受けられます。

ただし、個人都民税からの税額控除については、寄附を行った翌年1月1日現在都内にお住まいの方に限られます。また、個人特別区民税の税額控除については、寄附を行った翌年1月1日現在足立区内にお住まいの方に限られます。

個人都民税額から控除される金額

〔寄附金額-適用下限額(2千円)〕 × 控除率(4%)

個人特別区民税額から控除される金額

〔寄附金額-適用下限額(2千円)〕 × 控除率(6%)

詳細はお近くの税務署にお問い合わせください。

足立区社会福祉協議会 福祉事業部 総務課

  • 【 住所 】
    〒120-0011 足立区中央本町1-17-1 足立区役所南館11階
    地図はこちら 
  • 【 電話 】 03-3880-5740
  • 【 ファックス 】 03-3880-5697
  • 【 受付時間 】 月曜日から金曜日(土、日曜日、祝日、12月29日から1月3日を除く)
    午前8時30分から午後5時15分まで
  • 【 お問合せ 】 お問い合わせフォームはこちら 
pict_soumu01.jpg

知りたい情報を探す

  • 分野別

    高齢者に関すること / 障がい者に関すること / こどもに関すること / 福祉関係団体、事業者に関すること / 地域活動、ボランティアに関すること / お金に関すること

  • 目的別

    ボランティアをしたい / 福祉の仕事がしたい / 研修・講座を受けたい / 困りごとを相談したい / 地域活動をしたい、知りたい

  • 組織別

    総務課 / 生活支援課 / 保護雇用担当課 / 総合ボランティアセンター / 地域福祉推進課 / あいあいサービスセンター / 社協ヘルパーステーション / 基幹地域包括支援センター / 地域包括支援センター関原 / 認定調査課 / 権利擁護センターあだち


当サイトご利用にあたって個人情報保護に関する方針

Copyright© Adachi Council of Social Welfare. All Rights Reserved,