このページの本文へ移動

ささえあいブログ

2018年06月12日

平成29年度ここあだちカレッジ(秋コース)卒業生 サロン作食楽(さくら)

「地域の居場所の作り方」を受講して

総合ボランティアセンターが主催する「ここあだちカレッジ」は、福祉に関するさまざまな講座を受講することができ、毎年多くの方が卒業しています。

「サロン作食楽(さくら)」は、平成29年度のここあだちカレッジ(秋コース)を卒業したみなさんで立ち上げたサロンで、地域での居場所作りの必要性を実感し、いきいきと健康に暮らすためには“食べること”が最も重要であると考えました。

高齢で料理が大変な男性でも簡単に作れる一品として、「まごわやさしい※」をコンセプトに毎回の食事をスタッフが愛情込めて作っています。

180612_saronnsakura.jpg

みんなで食べると何倍も美味しい

地域の民生委員も気になる高齢者を誘い、一人暮らしの方も参加しています。一人で簡単に済ます食事もみんなで楽しくおしゃべりをしながら食べると、さらに美味しく感じられます。今日のレシピを聞いて「家に帰ったら早速作ってみるよ!」と嬉しそうに話す方もいました。

ここあだちカレッジで知り合ったほかの仲間とも交流が続いており、スタッフの堀内さんは「せっかくここあだちカレッジを受けたのだから、このサロンをきっかけに他のスタッフにもサロンを始めてほしい!」とおっしゃっていて、とても頼もしく感じました。

※まごわやさしい=まめ、ごま、わかめ、やさい、さかな、しいたけ、いもの頭文字

180612_saronnsakura2.jpg

PDF版はこちらです(PDFicon_pdf.gif/277KB)


知りたい情報を探す

  • 分野別

    高齢者に関すること / 障がい者に関すること / こどもに関すること / 福祉関係団体、事業者に関すること / 地域活動、ボランティアに関すること / お金に関すること

  • 目的別

    ボランティアをしたい / 福祉の仕事がしたい / 研修・講座を受けたい / 困りごとを相談したい / 地域活動をしたい、知りたい

  • 組織別

    総務課 / 生活支援課 / 保護雇用担当課 / 総合ボランティアセンター / 地域福祉推進課 / あいあいサービスセンター / 社協ヘルパーステーション / 基幹地域包括支援センター / 地域包括支援センター関原 / 認定調査課 / 権利擁護センターあだち


当サイトご利用にあたって個人情報保護に関する方針

Copyright© Adachi Council of Social Welfare. All Rights Reserved,